2008年02月02日

男の更年期と性行為感染症

現在、特に未成年による性感染症が猛威を振るっており、それらは更年期障害と因果関係があると言いきれるものではありませんが、性行為感染症を患った後にそれが原因となって更年期障害を引き起こす事に繋がる面は一概に否定できるものではなく、更に機能障害という点でも物理的な要素で更年期障害と酷似する部分も多く、例外的に特記します。


性行為感染症は読んで字のごとく、性行為によって感染する病気です。
感染症や体質などによっては、死に至らしめる場合もあり、男性であれば機能障害、女性であれば不妊障害など、一生涯ついて回りかねない、恐ろしい病気です。

これら感染症は、性行為以外での感染は皆無と言って良いでしょう。
一昔前まで性行為は大人特有の行為に過ぎませんでしたが、現代では特に若者による安易なセックスが問題視されています。

ティーンエイジャーでの性行為感染症などは最早対策が追いつかないほどで、ローティーン(10代前半)の感染症患者も珍しくは無いようです。
一例では小学生で感染症を患ったケースも少なくはなく、深刻化が叫ばれています。

性行為感染症は更年期障害と同様、精巣などの男性機能に悪影響を与え、女性では出産に必要な子宮を傷つけることになります。

安易なセックスをしないに越したことはありませんが、万が一感染した場合、早急に病院で診断してもらいましょう。

ここで恥ずかしいからと放置しておくのは愚の骨頂です。安易なセックスが引き起こした報いだと認識を改めなければ、一生後悔することも容易に考えられます。
posted by 男の更年期改善 at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 男の更年期改善
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。