2008年01月24日

男の更年期の予防

男の更年期の予防をするにはどうしたらよいのでしょうか。

男性ホルモンは年を追うにつれ、否応無しに低下していってしまいます。
しかし、その値が異常なまでに下がってしまうなどして腰痛、憂鬱などの様々な症状が日常生活に支障を来たすと、本格的に更年期障害になってしまいます。
そういった点から予防を心がけることが必要になってきます。

また気をつけなければいけないのが「骨粗しょう症」などの病気です。 これは主に加齢とともに出てくるものですから、更年期障害の一種になり得るかもしれません。 予防法の一種として、食べ過ぎないというのがあります。 なぜなら基礎代謝が若い頃に比べると大分衰えてきていますので、代謝の良くない状態での食べすぎは糖尿病や動脈硬化、ひいては発癌の可能性もありますので充分に注意しなければなりません。 そのためには、まずストレスを出来るだけためない環境に身をおくことです。
食事、栄養もきちんととり、きちんと運動しましょう。そして沢山眠ることもとても大事です。
お酒も飲みすぎず、煙草もできるなら控えましょう。

結婚をしている男性は、その男性が更年期を迎える頃には家族である夫人も更年期障害で苦しんでいる方が多いと聞きます。
お互いに理解し合って治療に励むことが大切です。
夫婦という身近な理解者を得られない方は病院に行きましょう。
これは捨て置けない問題ですから、きちんと病院に行き、治療に励みましょう。

これらは快適な老後を過ごすために必要な労力と捉えて、二人で協力しあう作業だと考えることが肝要です。
posted by 男の更年期改善 at 01:13 | 男の更年期改善
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。